HOME > 会社案内 > 共栄フードの歴史
 共栄フードの歴史

 共栄フードは1967年に大阪で創業しました。当時は大阪名物の串カツやフライ物などの外食が伸びつつあり、レストランなど向けのパン粉の需要が高まっていました。

 69年には大阪府吹田市に吹田工場を設立。梅田の地下街の飲食店などを取引先とした主力商品であるパン粉も順調に伸びました。

 一方高度経済成長は家庭での食生活に変化をもたらしました。冷凍食品やテイクアウトなどの「中食」です。パン粉はコロッケやエビフライ、カツ関係、さらにハンバーグなどのつなぎでも使われるようになり、大手食品メーカーに取引先が拡大しました。そのため、71年に東京工場、73年に横浜第一工場を設立して、関東にも進出を果たし、パン粉専業メーカーのトップクラスに躍り出たのです。

 発祥の地、関西でも、大阪府富田林市に新拠点を作るとともに、福岡、和歌山、北海道にも工場を整備して、全国展開を完了しました。また円高の進行にともない88年には海外にも工場を新設。現在はタイ・ベトナムからアジア各地の取引先に輸出するグローバル企業となっています。

1967年12月共栄フード株式会社設立
1969年4月吹田工場設置
1971年2月東京共栄フード株式会社設立
 同東京工場設置
1973年4月横浜工場設置
1977年 12月福岡工場設置
1979年10月和歌山工場設置
1987年11月富田林工場設置
1988年7月タイ国にUNITED KYOEI FOODS Co., Ltd.設立
1992年9月東北工場設置
1993年8月北海道共栄フード株式会社設立
1995年11月共栄フード株式会社が東京共栄フード株式会社及び共栄食販株式会社を吸収合併
1997年1月タイ国にSIAM UKF Co., Ltd.設立
1997年4月富田林第二工場設置
2000年10月横浜第二工場設置
2003年1月富田林第三工場設置
2003年11月共栄フード株式会社が北海道共栄フード株式会社を吸収合併
2004年8月ベトナム国にVINA FOODS KYOEI Co., Ltd.設立
2006年9月ISO9001(品質管理)を国内全工場で取得
2007年10月ベトナム工場焙焼ライン稼働
2008年 11月横浜工場焙焼ライン稼働
2011年6月福岡工場焙焼ライン稼働
2011年7月四国工場設置
2011年10月四国営業所設置
2015年10月新福岡工場稼働開始